スタッフブログ

  • staff

    う蝕や不正咬合における遺伝との関係

    う蝕は歯周病と並んで日本だけでなく世界に蔓延している疾患であり、これに不正咬合を加えて、歯科領域における三大歯科疾患と考えられている。小児歯科においてもう蝕と不正咬合の予防と治療が主な領域であり、これらの基礎的臨床的研究 […]

    2015.01.21

  • staff

    歯の発育障害とその原因

    1)乳歯と永久歯 母親が子供を連れて歯科医院を訪れる理由のなかに、「歯が生えてこない」「歯の形がおかしい」といった訴えをあげることができる。このような場合、齒の欠如や形成障害 が疑われる。乳歯の場合、形成時期からみてその […]

    2014.12.23

  • staff

    歯の発育障害とその原因

    妊娠は受胎から出産までの女性の状態をいい、この時期はホルモン関係をはじめとしてさまざまな生理的変化が起こっているので、妊婦への薬剤投与に関しても十分な配慮が心要である。とくに妊婦の催眠薬として使用されたサリドマイドによる […]

    2014.11.12

  • staff

    胎児の歯のでき方(石灰化開始)とカルシウムとの関係

    我々ヒトの組織の中でもっとも硬いところはどこであろうか。 モース硬度計で、歯、 爪、骨などを測定してみると、歯のエナメル質がモース硬度は6°~7°であり、人体中でもっとも硬い組織であることがわかる。 象牙質のモース硬度は […]

    2014.09.30

  • staff

    妊娠の時期に歯はどのようにしてつくられるか

    単一の細胞から構成されている原生動植物を除くと、我々、ヒトを含めて生物体は多数の細胞が集まったものである。その発生の初期においては、一個の細胞(受精卵)が新生児においては三兆個、成人に至ると五〇兆個の細胞体として活動が始 […]

    2014.07.23

  • staff

    小児歯科ブログ

    子供の「お口の話」で小児歯科のお悩み解決やアドバイスをしてまいります。よろしくお願いします。

    2013.09.01

子どもの歯科治療なら
ご相談ください

北九州市八幡西区で小児歯科ならそらだ小児歯科医院にお問い合わせください。
<虫歯・予防・歯科検診・小児矯正・妊婦歯科検診><開業25年以上><日本小児歯科学会小児歯科専門医>

pagetop